ドクターズサプリメント/にしやま由美東京銀座クリニック(東京銀座2丁目)

ドクターズサプリメント/にしやま由美東京銀座クリニック(東京銀座2丁目)

2019-05-31

ドクターズサプリメント

ドクターズサプリメントとは、医師によって栄養素を勘案して処方されるサプリメントのことです。その特徴は、市販のサプリメントに比べて含まれている成分の数と濃度が高く配合されている点です。最近では、多くのサプリメントが販売され、気軽に服用できるようになってきています。しかし、サプリメントの含有成分や含有量が自分にどの程度必要なのかを理解せずに服用しているのが実情です。

健康や美肌を保つためには、現在の症状やお体の状態に合わせたドクターズサプリメントが必要です。栄養素解やフードアレルギー検査を元に処方されるサプリメントは必ず患者様のお役に立てると思います。

​ドクターズサプリメントの処方は、栄養素解析に結果により、ベースサプリメントを基本として、その個々の患者様に必要な有効成分を配合したスペシャルサプリメントを追加していきます。

「生命の鎖」

世界的な栄養学者:ロジャー・ウィリアムスは、生命維持には46種類の栄養素が バランスよく摂られていることが不可欠であることを提唱しました。この栄養素が生命活動を維持している理論を「生命の輪(鎖)」と言います。 生命力の強さは、この鎖の協調性と相互作用によって保たれるのです。45の鎖が強くても1つだけ弱い輪があれば、全体は切れてしまうことになると言う意味です。

生命の鎖を構成する栄養素は8種類の必須アミノ酸、18種類のミネラル、20種類のビタミンなどで、全てに必要最低水準があり、どれか1つが水準以下になると不健康になっていきます。

20種類のミネラル:ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄、鉄、銅、マンガン、亜鉛、セレン、リチウム、クロム、ヨウ素、モリブデン、バナジウム、コバルト、ニッケル、フッ素、

18種類のビタミン: ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、イノシトー ル、コリン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンF、ビタミンH(ビオチン)、ビタミンK、ビタミンP(フラボノイド)、その他ビタミン(諸説 あり)

8種類のアミノ酸:リジン、メチオニン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、スレオニン、トリプトファン

​日本人女性に多い鉄欠乏を改善する「アイアン」

鉄欠乏性貧血の患者数は推定1000万人といわれています。鉄の不足は、ニキビや肌荒れの原因にもつながります。血液検査で身体の中の鉄の状態をちぇっくしましょう。

日本人女性は、月経の影響で鉄を失いやすい状態になっています。日ごろの無理なダイエット、不規則な食事、

偏食などで食物からの鉄摂取が十分でないと体内でマイナス状態が長く続き、鉄欠乏性貧血になってしまいます。「このごろ、朝から疲れている」「仕事の効率が悪い」「家事に身が入らない」そのような「怠けている」と思われがちな状態の裏に、ひょっとすると「鉄不足」が関係しているかも知れません。

「鉄不足」というとまず貧血をイメージしますが、実は貧血が現れるずっと前から、体の中の蓄えあられている鉄は少しずつ目減りしているのです。体内でさまざまな役割を果たしている鉄は、その60~70%は血液に含まれるヘモグロビンの成分として、20~30%は肝臓や脾臓、骨髄などに「貯蔵鉄」として蓄えられています。

血液中の鉄が不足すると、酸素が十分に運べなくなってさまざまなトラブルがあらわれます。しかし、食べ物からとる鉄が不足したからすぐに貧血になるわけではありません。とくに女性の鉄不足は深刻で、体内の鉄と栄養摂取量の関連を調べたある研究によると、女性のほぼ半数は鉄不足と判明しました。

中でも、通常の血液検査の結果にはあらわれず、それとは気づきにくい「かくれ鉄不足」は、3人に1人とかなり深刻な事態です。鉄分が大きく不足している方は、鉄分の吸収を助け るビタミン豊富な野菜やアミノ酸となる肉類と一緒に摂るのが理想的ですが、毎日レバーやホウレンソウ、ひじきといった鉄分を多く含む食品をキロ単位で食べ る事は現実的ではありません。

こうした体調で長年悩んできたが、鉄分の多い食事を毎日摂ることは辛いとい方にはこのサプリメントがおすすめです。鉄のサプリメントである「アイアン」は、当クリニックの窓口で処方することができます。毎日、寝る前に2~4錠飲むと、1週間ぐらいで体が楽になってくるのがわかります。

​アイアン

主成分含有量(1タブレットあたり)
鉄 27mg
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

アイアン1本 7,150円(90T入り)

肌や身体の不調にはマルチビタミン・ミネラル「WHITE & BEAUTY HEALTH」 がお勧め。

治療薬と高容量サプリメントの違い!

クリニックで処方する治療薬は、「 l日3回、食後に1回1錠ずつ服用」という具体的な飲み方が指示されています。また、他の薬との相互作用や副作用などの細かい情報もあります。

一 方サプリメントには、「1日あたり3粒を目安に」など、あまり具体的な飲み方が明示されていません。これは、サプリメントは医薬品ではないので、治療薬の ような表示をしてはいけないという規制があります。これは、サプリメントは健康食品のため消費者に誤解を与えないようにするためです。

TCAサイクルと栄養素について

TCA サイクルとは、人間の体の中でエネルギーを作り出す回路で、細胞の中のミトコンドリアの中で働く「人体のエネルギー工場」です。食事で摂取した栄養のう ち、三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質はそれぞれブドウ糖、アミノ酸、油肪酸・グリセロールに分解されて細胞の中へ入 りアセチルCoAになりTCAサイクルに入り、有機酸に変化しながらATPというエネルギーが作られていきます。

この回路が上手く回ること で、生命活動に必要なエネルギーを作り出してゆきます。しかし、回路にエネルギーの材料が入らない・回路が上手く回らないなどの原因 によりエネルギーを充分に作り出せなくなると、肌の不調、身体の疲労感、だるさ、集中力が続かない等様々な症状が引き起こされます。

TCAサイクルを円滑に回し、エネルギーを作る為には、マルチビタミンや微量元素が必須となります。このため、単品のビタミン剤ではあまり意味が無く、マルチビタミンやマルチミネラル、アミノ酸などが必要になるのです。

White & Beauty , Health主成分含有量(24 タブレットあたり)

ビタミンA 1,500μg ベータカロテン 6,000μg
ビタミンC 1,400mg ビタミンD 25μg
ビタミンE 268mg ビタミンB1 100mg
ビタミンB2 50mg ナイアシンアミド 190mg
パントテン酸 500mg ビタミンB6 100mg
ビタミンB12 250μg 葉酸 800μg
ビオチン 300μg カルシウム 500mg
マグネシウム 500mg 亜鉛 25mg
セレン 200μg 銅 2mg
クロム 200μg マンガン 10mg
カリウム 99mg 海藻灰 200μg
モリブデン 100μg ボロン 1.5mg
ルテイン 6mg リコペン 6mg
マリーゴールド抽出物 1mg イノシトール 100mg
トレースミネラル 100μg コリン 60mg
バナジウム 50μg L-シスチン 150mg
ベタイン 114mg パイナップル抽出物 50mg
L-グルタミン酸 20mg L-メチオニン 12.5mg
ローズヒップ抽出物 100mg レモンバイオフラボノイド 100mg
プロアントシアニジン 50mg ヘス

White & Beauty, Health 1本 13,750円(360T入り)

​最近、注目をされているのは「ビタミンD」

ビタミンDの主な作用は、

  1. アレルギーの予防(花粉症、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など)

  2. ガンの予防(特に乳ガンや大腸ガンの発生率を下げる)

  3. 免疫力を向上させる(インフルエンザ、感染症を予防など)

  4. 精神疾患(うつ病、発達障害など)

  5. 糖尿病のリスクを下げる

などがあります。

ビタミンDは従来のビタミンという範疇ではなく、副作用ないステロイドホルモンのような作用があり、かつ即効性が感じられるサプリメントです。

アトピー性皮膚炎や蕁麻疹でお悩みの方にはオプショナルサプリメントとしてビタミンDを!

花粉症やアレルギー疾患の抑制、免疫力の強化、女性の骨粗しょう症や骨折のリスク低減効果、癌の発症抑制、および癌細胞のアポトーシス促進効果などにはビタミンDのサプリメントをお勧めしています。

ビタミンDは従来のビタミンという範疇ではなく、副作用ないステロイドホルモンのような作用があり、かつ即効性が感じられるサプリメントです。ビタミンDは、程度により「1日あたり3~10粒を目安に」服用をしてもらいます。アレルギー疾患の場合には、5粒から効果を得られます。

ビタミンD10主成分含有量(1 タブレットあたり)

ビタミンD 25μg (1,000I.U.)
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

ビタミンD1本 9,350円(100T入り)

アミノ酸20

主成分含有量(3 タブレットあたり)
L-リジン 148mg L-ヒスチジン 30mg
L-アルギニン 39mg L-アスパラギン酸 74mg
L-スレオニン 41mg L-セリン 53mg
L-グルタミン酸 230mg L-プロリン 110mg
L-アラニン 34mg L-シスチン 19.4mg
L-バリン 71.5mg L-メチオニン 32mg
L-イソロイシン 59mg L-チロシン 16mg
L-ロイシン 102.1mg L-フェニルアラニン 22mg
L-トリプトファン 13mg L-グルタミン 15.3mg
L-オルニチン 10.7mg
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

アミノ酸201本 9,350円(300T入り)

​ビタミンB Comp240

主成分含有量(4 タイムリリーズタブレットあたり)
ビタミンB1 100mg
ビタミンB2 100mg
ナイアシンアミド 100mg
パントテン酸 100mg
ビタミンB6 100mg
ビタミンB12 100μg
ビオチン 100μg
葉酸 400μg
イノシトール 200mg
コリン 100mg
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

ビタミンBComp1本 9,350円(240T入り)

​ビタミンE

主成分含有量(1 ソフトカプセルあたり)
ビタミンE 268mg (d-α-トコフェロールコハク酸塩) (400I.U.)
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

ビタミンE1本 8,250円(100T入り)

​マルチミネラル

主成分含有量(6 タブレットあたり)
ビタミンD 10μg
カルシウム 1,000mg
マグネシウム 500mg
鉄 30mg
亜鉛 22.5mg
銅 3mg
マンガン 10mg
カリウム 95mg
クロム 200μg
セレン 100μg
ベタイン 76mg
グルタミン酸 80mg
クロライド 90mg
海藻灰 150μg
原材料には、アメリカ・日本・ヨーロッパ産を使用しています。

マルチミネラル1本 8,250円(180T入り)

​うつ症状に内服すると良い「ナイアシン」

うつ病は脳内セロトニン濃度の低下が主な原因と言われており、セロトニンの再取り込みを阻害するSSRI(パキシル、デプロメールなど)がうつ病治療の特効薬として処方されています。

このセロトニンは、必須アミノ酸の中のトリプトファンから体内で生合成されるため、うつ病予防には食事、飲み物の取り方が非常に重要となります。特に日本人は、炭水化物・糖質中心の食事をする人が多いためビタミン、ミネラル、たんぱく質の摂取量が少ないといわれています。

ナイアシンアミドは、必須アミノ酸のトリプトファンから作られますが、60mgのトリプトファンからほんの少し1mgのナイアシンアミドしか合成されません。ナイアシンは別名ビタミンB3ともいわれますが、ナイアシンの摂取が少ないとナイアシンアミドを合成するためにトリプトファンが消費され、セロトニンの合成量が減ってしまいます。このような理由から、うつ病予防にはナイアシンを中心としたビタミンB群の補給が大変重要と考えられています。

また、うつ症状はセロトニン濃度の低下だけが原因ではなく、鉄不足、機能性低血糖などでも起こるため要注意です。うつ病には、甲状腺機能低下症や鉄欠乏性貧血などのチェックをして総合的に判断する必要もあります。

※この治療には公的保険の適応とはなりません。


未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード

※ PDFファイルをダウンロードできない場合


1. 同意書(PDF)のダウンロードアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話・LINEでのお申込み

当クリニックでは皆様に快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。
診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 03-6228-7950
line

※Lineお友達募集中! Lineから予約も可能です。

(ご予約の際に1:ご希望の施術内容と部位 2:初診・再診(患者番号)3:ご希望お日にち 4:ご希望のお時間帯 5:お名前 6:ご年齢 7:ご連絡先を明記してください。)

ご予約状況をお調べして折り返しお返事をさせて頂きます。

「にしやま由美東京銀座クリニック」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒104-0061
東京都中央区銀座二丁目8番17 ハビウル銀座Ⅱ9階
 【電話番号】 03-6228-7950
 【診療時間】 11:00~20:00

コメントを残す

*

PAGE TOP

クリニック概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY
新着記事NEWS
クリニックブログBLOG
著書の画像1
著書「時計回りで食べなさい」
著書の画像2
著書「美女のスイッチ」



にしやま由美東京銀座クリニック

住所:〒104-0061
東京都中央区銀座二丁目8番17
ハビウル銀座Ⅱ9階

03-6228-7950




MENU

TEL
HOME